キッチンを中心として寛ぎの空間を演出 – ルピアコート篠崎

ルピアコート

篠崎駅をご存知ですか。

都営新宿線の「篠崎駅」をご存知でしょうか。乗り換えなしで、神保町、九段下、市ヶ谷、新宿三丁目、新宿駅まで行けますし、馬喰横山でJR線に乗り換えると、東京駅、新橋駅、品川、横浜、鎌倉まで行くことができます。

篠崎駅は都心部に通動する方々などの住宅地となっているので、スーパーや公共施設が充実しています。具体的には駅近に、サミット、ライフ(駅直結です!)、ウェルシア、マツモトキヨシがあり、物件そばには中図師公園、篠崎仲町公園、江戸川子ども未来館などがあります。駅から物件まできれいに舗装され、歩道も整備された道路が続いており、見通しも良いので安全性は高いと考えられます。

物件の外観は落ち着いています。

物件の外観は濃い目のベージュで周辺の戸建て住宅に馴染むようなデザインになっております。一方で、物件周囲には植物が植えてありますが、完成予想図を見ると少し南国の雰囲気を持つ植物を意識的に配置しているように思います。周囲は低層住宅や戸建てが多いので、10階建ての物件は少し目立ちますが、建物が周囲から浮いてしまわないようにデザインも少し控えめにしている印象です。

39戸の住戸に対して駐車場が 13台分となっていますので、都内近郊の物件としては平均的な数だと思われますが、少し郊外なので駐車場が抽選になる可能性もあります。しかし、周辺には駐車場が複数ありますので、停める場所がなくて困ってしまうということはなさそうです。

駐輪場は 69 台分ありますので、一家につき2台分ぐらいは確保できるものと思われます。

使いやすさ抜群の「ピアキッチン」が特徴です。

キッチンが家族の憩いと団撃の空間であるとの理解から、キッチンとロングカウンターを一体化して回遊が可能な導線を確保することで、家事の効率を上げると同時に家族とのふれ合いの機会が増えるようにしてあります。

イメージ的にはキッチンとダイニングを一つの空間とすることで、そこまで専有面積の大きくない住戸であっても、十分にリビングの広さが取れるようになっているのです。

実際、物件の間取り図を見ると、キッチンが「アイランド・キッチン」のような配置となるため、キッチンの前後が導線として使えます。その結果、キッチン・ダイニングの周辺で家族が寛いでいたとしても、十分な広さの導線が確保されるので、家族が寛いでいるのを邪魔することなく、リラックス空間として居心地の良さを堪能できるのです。

キッチン以外の設備も充実しており、食器洗い乾燥機、浴室乾燥機、
床暖房などが標準装備となっており、忙しい毎日をサポートしてくれます。

価格が超魅力的です。

篠崎駅からきれいに舗装が成されたフラットアプローチの道路を8分という近さにも関わらず、物件価格はかなり魅力的なものとなっております。

68.12 ㎡の2LDK で3,900万円
70.73 ㎡の3LDKで4,800万円

篠崎駅から東京駅まで30分ですが、同じく東京駅まで30分程度かかる目黒区の68 ㎡~70㎡の新築物件が 12,000 万円~15,000万円することを考えると、その割安感が際立つものがあります。

周辺の同規模物件の価格と比べても「掘り出しもの物件」だと思います。
価格を抑えながらも都心近郊に住みたい方にはかなりお勧めの物件です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました