いよいよ登録を開始した巨大街づくりプロジェクト – HARUMI FLAG

HARUMIフラッグ
Pocket

隣接する4つの巨大マンション群ができるイメージです。

HARUMI FLAGは分譲用のSea Village, Sun Village, Park Village、そして賃貸用のPort Villageから構成されていますが、1つのVillage (ヴィラージュ) に複数の建物があるので、同じVillageであっても、どの棟の何階に住むかによって景色も利便性も異なることになります。従って、どの住戸を選ぶかはかなりその後の生活を左右しそうです。

例えば、晴海ふ頭公園近くの建物の住戸を選んだ場合、公園は近く眺望も広く確保できますが、商業施設は遠くなってしまいます。一方で、商業施設の近くの建物の住戸を選ぶと、HARUMI FLAGの中心部に住むことになりますので、周囲に建物が多くなり、眺望は他の建物に遮られることになり、「この立地にしてオーシャンが見えない!」といった具合に残念な思いをすることになります。

何を重視するかを明確にして、それを担当者の方にハッキリと伝えるように心がけてください。買ってしまってからやっぱり変えたいと言っても、すでに希望の住戸は埋まっている可能性がありますので。。。

現地を体感してみることは重要です。

最近は、CGが発達しているので、モデルルームで住戸の案内をしてもらってもかなりクリアーに住戸の様子をイメージすることができます。しかし、風がどれぐらい強いか、どんな匂いがするのか、街の感じはどんなものか、HARUMI FLAGに至るまでの道のりはどうかなど、やっぱり現地を体感してみないと分からないことがたくさんあります。

以前このブログでも書きましたが、私は千代田区番町で自分が思い描いていた「完璧」な物件に出会ったと思ったことがあります。しかし、窓を開けると隣のビルの換気口から油の臭いが強烈に放出されており断念をしたことがありますので、やはり「現地」に行ってみて、その場所の空気を感じてみることはとても大事だと思います。

交通利便性はちょっと未知数ですね。

交通に関して言うと、BRT(バス高速輸送システム)が湾岸エリアと都心をつなぐ新交通システムとして紹介されており、HARUMI FLAGと新橋・虎ノ門を結び、朝のピーク時には5分に1本の間隔で走る予定だそうです。要は環境に優しいシャトルバスなので便利と言えば便利なのですが、新橋・虎ノ門が職場で無い限り、そこから乗り換えて職場などへと向かうことになります。そして、HARUMI FLAGの最寄駅は「勝どき」なのですが、徒歩で16分~20分ぐらいはかかりますのでちょっと距離があります。従って、BRTがどの程度の混雑で走るのかが見えてこないことには交通手段に関する利便性はなんとも言えません。

とは言え、都心部への距離が近いのは確かなので、仮に混雑をしていたとしても、少しの時間の我慢で済むと思います。

施設内にスポーツバー!夢のような施設です。

このような大きな集合住宅でのメリットはやはり共有施設にあると思います。

私がかなり心動いたのが、Sun VillageにあるスポーツバーとPark VillageにあるKODOMO PLAZAです。自宅マンション内の共有施設で遠慮なくビールを片手にスポーツを観戦できるなんて夢のようですし、KODOMO PLAZAは雨の日でも子供が自由に遊ぶことができる空間となっているとのことです。

他にも日曜大工が満喫できるCRAFT ROOMやホームパーティーが楽しめるキッズスペース付きのKITCHEN STUDIOなども大規模住戸ならではの設備となっております。

住戸は素直に言ってかなり割安です。

物件価格は素直に割安だなと思います。

千代田区・港区あたりだと85㎡で15,000万円という価格設定されていることを考えると、この物件の価格設定は相当リーズナブルだと思われます。埋立地にあるという立地も理由の一つだとは思いますが、(安全性については最新の技術を駆使して作られているので、あまり心配はないと思います)、それ以上に昨今の湾岸エリアの供給過剰を勘案して価格設定だと思われます。

SEA VILLAGE

85.37㎡の3LDKで7,550万円

152.1㎡の4LDKで23,000万円

PARK VILLAGE

66.59㎡の2LDKで5,400万円

106.82㎡の4LDKで13,240万円

全く新しい街に住むというのはなかなか無いことだと思います。興味がある方はぜひHARUMI FLAGにエントリーをしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました