(新発表)「本物の成城」物件が発表されました – グランドメゾン成城6丁目

グランドメゾン
Pocket

  • グランドメゾン成城六丁目-勝手に評価 95.5点
10段階評価加重評価(100点満点)
立地1030%30
生活利便性1030%30
築年数1015%15
建物の特性915%13.5
独断による調整710%7
評価95.5

「成城」の名前を冠した物件は多いのだが

首都圏に住んでいる人なら「田園調布」、「松涛」、「白金」、「池田山」と並ぶ高級住宅地として「成城」の名前を聞いたことがあると思います。

「松涛」、「白金」、「池田山」が、それぞれ、渋谷区、港区、品川区と都心部に位置しているのに対して、田園調布と成城は少し都心から離れており、非常に落ち着いた街並みが特徴です。

その結果、特徴の似ている田園調布と成城は比較される事が多いのですが、個人的にはネームバリューでは田園調布に軍配が上がりますが、街の利便性では成城が評価をえやすと思います。

そんな首都圏屈指の「高級住宅地」に選ばれる成城なので、近隣の祖師ヶ谷大蔵、喜多見、仙川エリアの物件にも「○○マンション成城」のように、成城の名前が着いた物件は多く、かつて成城(の端っこ)に住んでいた者からすると、成城ネームバリューの乱用じゃないかと感じることもありました。

しかし、これは裏を返せば、それぐらい成城のブランドに訴求力があると言うことの証明とも言えますね。

「本物の成城」に作られる物件

このようにネームバリューを乱用されがちな成城ですが、今回レビューするのは、「これぞ成城」と言える立地にできる「グランドメゾン成六丁目」です。

成城学園前駅の北口から徒歩2分。

この「北口」と言うのが実はポイントで、成城を知る人にとっては南口徒歩1分よりもインパクトがあります。その理由としては所謂「お屋敷」が北口側に広がり、有名ないちょう並木や桜並木も北口にあるからです。言うなれば、成城らしさを体現しているのが北口だからです。(ちなみな私は南口側に住んでいたので、北口を贔屓する理由はないのですが、成城といえば北口だと思っていました。)

やっぱり「本物の成城」なのです。

生活利便性も極めて高いです。

成城学園前駅まで徒歩2分と言うことは、駅ビルであるコレド成城も徒歩2分ということになります。

コレド成城にはスーパーの小田急OX、広い本屋さん、CD屋さん、雑貨屋さん、個別指導塾、英会話スクール、美容室、託児所、歯医者、レストラン(寿司屋、イタリアン、ハンバーグ、トンカツ、中華、そば)があり、駅周辺には成城石井(スーパー)、金融機関、文房具店、無数の飲食店、サピックス・早稲田アカデミーなどの学習塾多数、甘味処が多数あり、ほとんどすべての用事を成城学園前駅付近で済ますことができます。

また、徒歩10分ぐらいのところには祖師谷公園という大きな公園があります。ここには都内には少ないバスケットボールリングが設置されているので、バスケットが好きな人にはさらにお勧めです。

成城学園前始発の小田急線もあるので時間を合わせて行けば、座って通勤、通学をすることが可能となります。

グランドメゾンの物件は安定の高水準

まだ、物件に関する詳細は開示されていないもがのの、私はこれまでいくつも積水ハウスの手掛けるグランドメゾンの物件を見てきましたが、常に安定してレベルが高い物件をリリースしているので、この素晴らしい立地にできるグランドメゾン成城六丁目も間違いなく素晴らしいものになると思います。

特にシンプルなデザインでありながらも、特別さを感じさせるような物件を作るのが非常に巧いので楽しみですね。

成城のお屋敷に住む方々との折り合いがつくか

私が唯一気になるのが成城のお屋敷に住んでいる方々が物件をどう評価するのかという点です。成城には「成城憲章」という街並みや敷地の面積に関する独自ルールがあるのですが、そのルールに沿わない物件に対して会報誌などで、物件を特定して改善を求めたりします。

私が成城に住んでいたのは3年ぐらい前になりますが、単身者用の賃貸アパートを作る計画が持ち上がると、「身元の分からない単身者が増えることに対して治安上の不安がある」などとかなりハッキリと書いていた記事をよく目にしました。

もちろん、グランドメゾンの物件は単身者用の賃貸物件などではないので、問題は無いとは思いますが、成城のお屋敷に住んでいる方々からすると、マンションという共同住宅が増えること自体あまり歓迎していないように思います。実際、私が住んでいた住友不動産の物件にしても、南口から徒歩7分という場所でしかも戸数30戸程度の低層住宅だったにも関わらず、建設当初はかなり地域住民の反対があったそうです。

これが北口から2分という「これぞ成城」という場所にできるとなると、お屋敷に住んでいる方々からすると少し抵抗があるかもしれません。

とはいえ、相続が発生するたびに相続税の関係で所有者の土地が小さくなってしまい、その放出された土地を誰かが買わないと空き地になってしまい街の活気も無くなっていくので、お屋敷の方々も最近ではある程度の理解をしているとのことです。

実際、やがては自分達も同じように土地の一部を売却しなくてはならない可能性があるのです。従って、共同住宅を認めない主義というのも徐々に薄くなってきているとのことですし、そもそもグランドメゾンの物件であれば、正しく認知してもらえると思います。

グランドメゾン成城六丁目は成城を考えている方には、ここ10年に一度、有るか無いかというぐらい素晴らしい立地にできるマンションなので、都心から少しだけ離れた高級住宅街で落ち着いた生活をおくりたい方はベストな物件であると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました