代沢三丁目に広さ十分の低層住宅がリリースされます – グランドメゾン代沢三丁目

グランドメゾン
Pocket

ノスタルジー溢れる下北沢南口商店街を闊歩!

下北沢駅は工事を終えて、かなりキレイきれいになりましたが、駅から伸びる下北沢南口商店街はまだまだ雑踏が残り、懐かしさが感じられます。

いったい 何が懐かしさを感じさせるのかと考えてみると、 人の多さに対して商店街の道幅が狭く、上空にやたら電線が通っているという昔ながらの商店街にありがちな光景が理由かもしれないなと思いました。

そんなノスタルジーを感じさせる街並みであるにも関わらず、多くの人を惹きつけ、たくさんのお店が出店しては無くなり、競争力のある店舗や人々から支持を得られる店舗だけが生き残ることが許される経営者にとっての激戦区となっております

また、下北沢と言うと「若者の街」のような印象を受けますが、若者では予算的に厳しく、完全に「大人」を顧客とした飲食店もたくさんあるのです。さらに、飲食店が多いのは事実なのですが、下北沢駅の徒歩1分圏内に foodium、ピーコック・ストア、オオゼキとスーパーが3件もあり、そこに暮らす人の利便性も非常に高いのです。

ちなみに、下北沢駅には小田急線、井の頭線が通っているので、新宿、渋谷は言うまでも無く、 小田急線には千代田線直通電車が顔繁に通っているので、 表参道、霞ヶ関、大手町にも乗り換えなしでいけます。 非常に交通利便性も高いのです。

下北沢からの徒歩11分は距離を感じさせません。

そんな下北沢から徒歩11分、隣の池ノ上駅から徒歩8分のところにグランドメゾン代沢三丁目がリリースされます。そもそも下北沢駅から徒歩11分という距離はちょっと遠いように感じるかもしれませんが、下北沢の商店街を抜けるルートはたくさんの店舗があって楽しいので、よほど急ぎでなければ、 駅から物件までの距離は遠く感じないと思います。もっとも下北沢は人も多いので、人混みを煩わしいと感じる人は、池ノ上駅から歩くのが良いかもしれません。こちらのルートは賑やかではありませんが非常に歩きやすいのです。

物件の外観はベージュで統一されており落ち着きのあるものですが、建物の位置によって建材を変えることで、建物に表情が伴い高級感を感じることができますので、ひと目で良質な物件であることがわかります。

総住戸数は13戸、 地上3階地下1階建の低層住宅で全室角部屋です。駐車場は8台分あり、下北沢エリアとしては住戸に対してかなり高い駐車場設置率になっております。


この物件の何よりの特徴はその住戸の広さにあります!

一番小さな部屋で83.42 ㎡、一番広い部屋で128.22 ㎡あります。全13戸のうち9戸が100 ㎡以上の広さがあり、これは最近、都心近辺でリリースされている住戸としてはかなりレアな物件であるといえます。また、1階に全住戸分のトランクルームが設置されておりますので、季節外の洋服やゴルフバックなどはこちらに収納しておくことができます。

価格は読みにくいのですが・・・。

広さ的に周辺に事例が無いので価格の予想が難しいところですが、大型住戸の供給量が少ないことを考えると、都心ではありませんが少し強気な価格を提示すると思います。

83.42 ㎡で10,000 万円台、

115 ㎡で13,000 万円台、

128.22 ㎡で17,000 万円台

と言ったところでしょうか。

広い住戸が欲しい方は是非、グランドメゾン代沢三丁目の販売担当者にコンタクトをしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました