これは面白い!「離れ」が準備されているコンパクトマンション – クレヴィア山吹神楽坂

クレヴィア
Pocket

クレヴィア山吹神楽坂 -勝手に評価 91点

評価項目10段階評価加重評価(100点満点)
立地830%24
生活利便性1030%30
築年数1015%15
建物の特性1015%15
独断による調整710%7
評価91.0

江戸川橋駅徒歩4分という好立地に加えて商店街の存在が生活利便性を高めます!

有楽町線の「江戸川橋駅」からフラットアプローチで徒歩4分、東西線の「神楽坂駅」から徒歩9分という好立地に、住戸数 49戸の「クレヴィア山吹神楽坂」というマンションができます。

オープンレジデンシア飯田橋」について書いた時に紹介したとおり、江戸川橋駅付近には、私のお気に入りの商店街である「江戸川橋地蔵通り商店街」があります。

多くの商店街が大手スーパーチェーンなどの進出によって衰退していく中、この商店街は活気に満ちており、お店の方とお客さんの両方が時間と空間の共有を楽しんでいるのがわかります。

従って、地域コミュニティーとの繋がりが希薄になりつつある昨今において、「地元」や「行きつけ」が欲しいと思っている方の願いを叶えることができる商店街であると思います。

「離れ」というコンセプトに心を鷲掴みにされてしまいます。

クレヴィア山吹神楽坂は、住戸の専有面積が20.78㎡~57.50㎡、間取りが1K~2LDKということなので、単身世帯や2人世帯を対象としたマンションになると思います。

ここまでなら、立地が良く、生活利便性が高い「ナイスなマンション」ということになるのですが、このマンションを「スペシャル」なものにしているのは、「+HANARE」や「 +HANARE Public」の存在です

クレヴィアのサイトの説明によると・・・

(+HANARE)
リモートワークの浸透にともない、在宅時間が増加する傾向にあるなか、家族がともに過ごす時間が充実する一方、パーソナルな時間がよりいっそう求められるようになっています。そんな想いに応えるべく、住戸から独立した“離れ”のような空間として「+ HANARE」をご用意。仕事に限らず趣味や勉強、リラックス空間としても利用できるスペースを創りました。「+HANARE」で自分だけのひとときを心ゆくまで満喫できます。

+HANARE は住戸から離れた場所に小部屋があり、そこをオフィスや趣味の部屋として使うことができます。住戸内に書斎があったとしても、家庭と仕事を切り離すことは難しいのです、+ HANARE があれば、オンとオフを明確に区切ることができるのです。

また、趣味の部屋として利用する場合、自分の空間として趣味に没頭できるので、貴重な空間になると思います。また、「土間」タイプの+HANARE もあるそうで、こちらはバイクのガレージとして使いながらも、バイクのカスタマイズなどもできる作業スペースとして使えるので、バイクやアウトドアが趣味の方には重宝されるのではないかと思います。

(+HANARE Public)
住まう方はどなたでも利用できる共用スペースとして、「+HANARE Public」をご用意。一人で仕事の調べものをしたり、資格取得のための勉強に集中したり、落ち着いて読書を愉しんだりと、自分のしたいことを気軽に行えます。家族から離れて過ごせる環境に身を置くことで、新鮮な気持ちになれ、充実したパーソナルタイムを実現することができます。

一方の+HANARE Public は、自宅から離れて自習室などで勉強をすると集中できるタイプの方などにとっては、非常に貴重な空間になると思います。タワーマンションや大規模マンションではよく見られる施設ですが、コンパクトタイプのマンションであるにも関わらず、このようなスペースが準備されていること自体が新しい試みであり、今後の普及に期待します。

となります。

+HANARE が利用できる住戸は決まっているので、その住戸を購入しないと+ HANARE は使えないのですが、在宅勤務が普通になっていく時代においては、この試みは今後のマンションの在り方に新しい流れを作る役目を果たしたのではないかと思います。

物件の外観に重厚感があり、エントランスや内廊下のデザインもかなり高級感があります。単身世帯や二人世帯のマンションの中には、コストを抑えることに意識が向かい過ぎていて、安普請な物件になるものもありますが、クレヴィア山吹神楽坂はハイスペックな物件と肩をならべるぐらいの完成度を誇ります。

気になる点を挙げるとすれば、文京区の水害ハザードマップによると江戸川橋駅の横を流れる神田川が氾濫をした場合に影響がある可能性があるとなっている点です。物件は江戸川橋駅から徒歩4分のフラットアプローチであることを考えると、神田川が氾濫した場合に影響があるかもしれないという指摘は納得できます。もっとも、神田川は氾濫防止の対策に力を入れているので、可能性は低いとは思いますが、認識をしていた方が良いと思いますので、勝手に評価の独断による調整に反映しております。

今後ともクレヴィアシリーズ注目していきたいと思わせる物件です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました