都の西北、早稲田の杜に~♪ ザ・パークハウスができます。

パークハウス

私が知るかつての早稲田とは別世界のキレイな早稲田になっていました。

私は「早稲田と言えば、早稲田大学。それ以外はすべてオマケ」と思っていました。 学生時代に友達が早稲田大学に通っていたので、よくこのエリアには遊びにきましたが、その時は全てが早稲田大学生の為に存在しているような場所だと思っていました。

早稲田に住んでいる人に、この話をしたところ、「あなたが大学生だった頃から20年以上が経っているのを忘れてない?」と言われて、久しぶりに早稲田付近を調べてみると、ものすごく街並みが綺麗になっていることに驚きました。

かつては大学の理事長を非難した立看板や横断幕などが乱立し、学生もゲタを履いて、学帽を 被っているような人が結構いたのに、そんな人はどこにもいない・・・。それどころか皆さんおしゃれで、昔の早稲田大学のイメージとはかけ離れたものとなっていました。 大学付近には綺麗なマンションが立ち並び、かぐや姫が歌った「神田川」の世界とは全く異なる世界が広がっていました。時代の流れですねぇ。


そんな早稲田に作られるのが「ザ·パークハウス早稲田」です。

東西線「早稲田駅」から徒歩6分。そして都心部で有数の規模を誇る「戸山公園」がなんとお 隣にあるのです。 戸山公園は尾張藩徳川家の下屋敷であった場所にあり、運動広場、ジャブジャブ池、芝生広場、遊具や緑地の他、近隣にはスポーツセンターなどの施設が充実しています。

最寄り駅は東西線の早稲田駅と副都心線の西早稲田駅なので、飯田橋、大手町、池袋、渋谷、横浜方面とかなりアクセスは良いのです(但し、東京駅、新宿駅に行くには乗り換えが発生するのが惜しい点ですね。)

緑豊かな戸山公園の隣にできます。

また、徒歩10分圏内に3つもスーパーがあるのが素晴らしいです。 三徳早稲田店(徒歩7分) イトーヨーカドー食品館부稲田店(徒歩9分) Olympic早稲田店(徒歩9分) このようにコンビニに毛が生えたレベルではなく、しっかりとした規模のスーパーが3つもあるのは、都心の中ではかなり珍しいと思います。

物件自体に目を移すと、まずは概観がすっきりとしていて、戸山公園の緑とうまく調和しています。また、共有部分としてはインナーコート、ラウンジ、ルーフガーデンと維持費をかけずに、リラックスできる設備が設置されており、長期的に住むには非常に大きなメリットになると思います (無駄に豪華な共有設備を設置すると、その分維持費がかかってしまい、それはそのまま居住者が修繕管理費として負担をすることになります。)

住戸内の設備はディスポーザー、ミストサウナ、食器洗濯乾燥機、浴室乾燥機など、生活を楽にする設備が標準装備となっております。また、収納も多いので、部屋をすっきりと見せることが可能なのです。

これはお買い得物件だ!

そしてさらにこの物件の魅力を高めるのがその価格設定です。
77.68㎡の3LDKで10,077万円で、107.94㎡の3LDKが17,163万円となっています。

もちろん、安い買い物ではありません。
しかーし、今の市場環境と、この物件の立地、スペックを考えると、かなりお買い得な物件になっていることは間違いないと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました