新築マンション購入を検討するなら今が絶好のタイミングです。

モデルルーム

マンションのモデルルームは休館していますが・・・

新型コロナウィルスの影響で外出を控えるように言われている中でモデルルームを開けていても、お客さんが来ないうえに、従業員に不要なリスクを負わせてしまうので、多くのモデルルームが休館となっています。

従って、「今が狙い目と言われても買えないじゃん!」と思うかもしれません。

結論から言うと、確かにモデルルームが閉まっていたり、営業時間が限られているので、物件を購入するのは難しい状況なのですが、多くの物件が資料請求と問い合わせには対応をしているので、普段忙しい方でも、このような状況の時こそ様々な物件から資料を貰い、情報を整理して目ぼしい物件に問い合わせをしてみると絶好のタイミングだといえます。

私の知り合いの大手デベロッパーの物件営業担当者によると、「今は問い合わせの件数も少なく、時間的な余裕からお客様と本当にたくさんの情報交換ができるので、私たちとしてもお客様にとってどのような物件が良いかを親身になってお話することができます」とのこと。私が少し意地悪く「そんなことを言っても、数字が欲しいから結局は自分の物件に誘導するんじゃないの?」と聞くと「もちろん営業として数字が欲しいというのはありますが、多くのお客様にとってマンションの購入は人生における最大の買い物です。私たちがどんなに自分達の良いようにお客様を誘導をしたところで、お客様が満足していなければ最後に断られてしまいます。こうなってしまってはお客様にとっても、私たち営業にとってもメリットはありません。従って、ほとんどの営業担当者は「お客様が欲しているものが何かと言うことを詳しく知りたい、そして話を聞いた後にお客様の希望を叶えてあげられるような物件が自社にない場合はその旨を伝えることでお互いが残念な思いをしないようにしたい」と考えているそうです。

他では聞けないような、お得な話が聞けるかも!

さらに「お客様の話を伺うことで、お客様の希望と合致すれば未公表の物件プランを事前にお伝えすることができます」とのことです。これは私自身も経験したことがあります。

私は2017年に千代田区にある物件を検討していて、かなり気に入っておりました。しかし、物件完成時期と子供の学校入学の時期が合わず残念に思っていたところ、営業担当の方が当時はまだ未公表のだった物件計画を教えてくれたのです。結局、1年後にこの物件を購入して今に至っているという状況です。営業担当の方と多くの対話をしたことで、信頼関係が生まれたからこそ未公開情報を教えてもらえたのかなと思っています。

もしご自宅に車があるならば、(外出禁止などになっていなければ)興味がある物件の建設予定地を実際に見に行くのも良いかと思います。その際には、物件のホームページで紹介している街並みがイメージどおりなのかをチェックしたり、最寄駅からマンションまでのアプローチをチェックしてみると良いと思います。

物件のホームページで紹介している写真だと「映像のマジック」により、電線や電柱が消されていたり、道路幅が分からなかったりするので、車などで視察をしてみても良いと思います。

今が物件を検討するのに絶好のタイミングです!

コロナウィルスが猛威を振るう中で、不動産情報を集める気分にはならない方も多いと思います。但し、株式でもなんでもそうですが、他の人と同じことをやっていては「お得」に出会うことはなかなかありません。情報集めなら自宅でもできますし、このような状況でも物件に興味を示してくれるお客様を大事にしたいと思わない営業担当者はいないはずです。なので、外出自粛が求められるこのタイミングをうまく使って是非自分が欲しいと思う物件を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました