世田谷らしい世田谷が広がります-バウス世田谷上町

バウス
Pocket

世田谷区は関東で住みたい自治体ランキング2位なのです。

SUUMO が行う関東版の住みたい自治体ランキング 2019によると、世田谷区がランクインしております。1位は港区で、2位に世田谷区。

世田谷区は広いので、二子玉川や成城といったハイクラス物件がそろうエリアから、芦花公園や祖師谷といった自然がいっぱいのエリアまでバラエティーに富んでいるので、「世田谷に住みたい」といった時のイメージが回答者によってかなり異なっているのではないかと思います。

私の中では「世田谷線沿線」が「ザ・世田谷」というイメージです。世田谷の住宅街を縫うように走る路面電車の東急世田谷線は、三軒茶屋と下高井戸を結びます。
「人の家の庭を通っているのではないか?」と思ってしまう「江ノ電」ほどではありませんが、「こんなところを走るんだ!」と思うような住宅地を通過する場所もあり、 なんとも世田谷らしいなと思ってしまいます。

上町駅から徒歩5分で物件に到着。

そして、この世田谷線の始発と終点のほぼ真ん中に位置する駅が今回紹介するバウス世田谷上町がある「上町駅」です。 都心部に行くには下高井戸か三軒茶屋まで出なくてはならないので、超便利というわけではありませんが、住みたい自治体ランキング準優勝の世田谷区に位置することを考えると、価格的にかなりリーズナブルな穴場となります。



バウス世田谷上町は、上町駅から徒歩5分の距離にあります。上町駅を降りると、スーバーやドラッグストアー、 銀行などがあり日常生活に必要な店舗は揃っています。

バウス世田谷上町の外観はバウスらしいキューブとメッシュを組み合わせたデザインで、明るい色合いなのでスタイリッシュな雰囲気を持ち合わせております。 しかし建物の造りがしっかりしているので、 高級感もきちんと持ち合わせております。
建物内の特徴としては、ラウンジがコワーキングスペースとして利用ができるような空間となっており、お客さんとのちょっとしたミーティングなどにも使える空間となっています。また、南側が公園となっており、陽射しを遮る建物がないので南側の部屋においては抜群の明るさを確保できます。

そして部屋のバリエーションも広く、単身世帯からファミリー世帯まで自身にあった部屋を選ぶことができます。

価格はなかなかのお手頃感がでています。

価格的には公表されているもので、47.77 ㎡の1 LDKで4,998万円、 86.69 ㎡の4 LDKが8,798万円、最多価格帯が 6,500 万円となってなっておりますので、サラリーマンでも手がでる物件だと思います。

住みたい自治体ランキングの2位 「世田谷区」 に実際に住んでみるチャンスですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました