メルボルンの不動産

メルボルン
Pocket

メルボルンの不動産どう思います?

先日、私が不動産好きなことを知っている会社の人(D君)が、「ちょっと今時間あります?」と深刻な顔をしながら私のデスクにやってきました。

「どうしたの?」と聞くと、ちょっと言い辛そうにしながら、「ここでは・・・」と言うので近くの会議室に入って話を聞くことに。

誰でも経験はあると思うけど、この手の話で「嬉しい!楽しい!」という内容であることは極めて稀!なので、身構えながら話を聞くことに。

すると、彼は開口一番に言うのです。

「メルボルンの不動産ってどう思います?」

深刻な仕事の悩みなどを打ち明けられるのかと思い、完全にその方向に頭がシフトしていたので、「メルボルンの不動産」と言う言葉が頭に入ってきませんでした。

「実は先日、知り合いがメルボルンの不動産を買ったという話を聞いたのですが、詳しく聞くとかなり良さそうなんです。それでどう思うかなと思って」と続けます。

仕事の話や悩みではなく、不動産の話だったので私は一気に緊張がほぐれました。確かにデスクでは話にくい・・・でも、あの深刻な表情はなんだったのか。

D君いわく、友達がメルボルンにマンションの一室を買ったのですが、街・気候ともに素晴らしくて、自分も興味があるので不動産好きの私がどう思うのかを知りたいとのことでした。繰り返しになりますが、このトピックであの思い詰めた表情が良くだせたな。。。

メルボルンの魅力とは

確かに、メルボルンは世界でも有数の住みやすい街として挙げられており、海外不動産ならハワイが良いなと常々思っている私でも、ちょっと気になる存在です。そこで、メルボルンに物件を持っている知人(Aさん)に話を聞いてみました。

Aさんによると、メルボルンは犯罪率が低く、社会インフラがシドニーと同様に整っていて、経済的にも安定。そこに住む人もおおらかとのことです。

そしてシドニーと同様に発展しているにも関わらず、物件価格がシドニーの7割程度なのです。今スターツさんが営業しているメルボルンの新築タワーマンションでさえも下記のような価格です。

61㎡の1ベッドルーム(バスルーム1つ)タイプで38,902,329円~

66㎡の2ベッドルーム(バスルーム1つ)タイプで44,682,104~

119㎡の3ベッドルーム(バスルーム2つ)タイプで112,700,514円~

(為替レート:1AUD=74.1円で計算)

61㎡で4000万円弱という価格は東京の暴騰した価格に慣れてしまっていると、私にとっては安いのでは?と思ってしまいますが、現地では超高級物件の部類に入るそうです。

もちろん、ここに管理費・税金などのランニングコストが掛かりますし、物件をタイムシェアリングや定期賃貸に出すのであれば事務代行会社への費用も掛かります。しかし、それでも将来的に住むことを視野に入れれば、かなり良い物件なのではないかと思います。

オゾンホール・紫外線の話

一方、オーストラリアについて言う時に気になるのがオゾンホールの希薄化による紫外線の問題です。オーストラリア全体で見ると、確かに紫外線が強く皮膚がん発症率が高いのですが、紫外線量は場所によります。ダーウィンという内地は危険地帯といえる紫外線量ですが、シドニーで東京と同じぐらい、メルボルンだと東京よりも少し少ない紫外線量とのことです。(国連の調査によるデータが示しています。)

そう考えると・・・メルボルンはかなり良いのではないでしょうか。私自身、俄然興味が湧いてきてしまいました。話だけでも聞きに行ってみようかな。

え?資金???あああ、現実から目をそらしてしまいました。長期プランになりそうですね。

あ!それとD君、今度から不動産とかの楽しい話をしに来る時は、あの深刻な表情はやめてね。心臓に悪いから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました