海外のホテル・コンドミニアムの区分所有を模索中です。

海外コンドミニアム

しっくり来る投資対象を探す

最近、将来の備えとしてかなり真剣に良い投資がないものかとを検討しています。

このように書くと、投資をするほどお金があるのねぇ~と言われてしまいそうですが、お金がある人は「将来の備えとして」とか「かなり真剣に」という言葉は使わず、まるでスーパーで無農薬野菜を買う程度の感覚で投資を行うのだと思います。

まあ、簡単に言うと「少ない手元資金をなんとかして維持・増殖したい!」と思っているとのことなので、私がバンバン投資をしている人などと思わないでください。

まず投資と聞いて思い浮かぶのは株や投信なのかと思いますが、大型安定株などを買ってもあまり面白くないなと思ってしまい、国内の小型株や海外の小型株に投資をする投資信託を調べてみましたが・・・どれも「潰れて株式が紙切れになりそう」と感じてしまい「これだ!」というものが見つかりませんでした。

そこで、株式や投信以外で何かいいものはないかなぁと調べていると、不動産投資が出てきました。

ワンルームマンション投資は楽チンだけど、所有をしている実感がない・・・

私は既に都内の駅から近いマンションの一室を投資用物件として所有しているので、2部屋目というのも考えました。しかし、ワンルーム・マンション投資をなさったことがある方ならお分かりだと思いますが、投資物件は管理などを管理会社がキチンとしてくれるので楽チンなのですが、自分が使うことがないので「所有している実感がない」のです。もちろん、所有物件のそばを通ったりすると、建物の外観の確認ぐらいはするのですが、賃貸人が住んでいるので中を見られるわけじゃないので、全く「人の家」でしかないのです。

ホテルコンドミニアム

そこで、「自分も使えるような物件の所有形態はないものかな」と思い、調べてみると・・・ホテルコンドミニアムというものを見つけました。

簡単に言うと、ホテルの一室を自分が所有するのですが、管理とかはホテル運営会社が行ってくれる。ここまでであれば、ワンルームマンション投資とさほど変わらないのですが、ホテルコンドミニアムであれば「予約をすればオーナー料金で自分も自分の所有する部屋に泊まることができる」というものです。

このホテルコンドミニアムというのはハワイなどに多く、自分が使わない時はホテル運営会社が普通にホテルの一室として宿泊客を泊めてくれるので、そこからの収益の一部が自分の収益となります。そこから固定資産税、管理費、手数料、あれば銀行ローンなどを支払います。色々と支払いもあるので、大きく儲けることはなかなか難しいのですが、築年数が経っているホテルコンドミニアムであれば、建物の減価償却が可能なので、節税効果が大きいというのもメリットとなります。

そして何よりも、「ハワイにコンドミニアムを持つ」というロマンを叶えることができます。

ちなみにハワイで日本人がローンを組むとなると物件価格の50%程度までしかローンを組むことができないとのことです。そうなると手元資金としてキャッシュを幾らぐらい準備すればいいのか。もちろん、どのような物件を買うかにもよりますが、きちんとした集客の見込めるホテルコンドミニアムを買うのであれば少なくとも1500万円は準備する必要がありそうです。うーん。ロマンの為に1500万円・・・これは果たして安いのか高いのか。

ハッ!、そもそも投資に使える1500万円なんてお金ないじゃん!

私の場合ロマンを叶えるのは少し(かなり?)先になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました